RADIOBOOK

  1. TOP
  2. やりやらプレス
  3. RADIOBOOK
  4. レディオブックの頼もしすぎるメンバーを紹介!/ 河合晴輝
  1. 執筆者:RADIOBOOK
  • SHARE
  • tweet
  • facebook
  • line

レディオブックの頼もしすぎるメンバーを紹介!/ 河合晴輝

今回はアイリメーカー事業部 / 統括責任者の河合 晴輝さんの秘密に迫ります!

株式会社あいりぺ代表取締役。HK LAB代表。一般社団法人リペアエコノミー協会代表理事。
レディオのスマホ修理事業の根幹となる人物です!

幼少期だった頃から“機械オタク”だったと語る晴輝さん。
なぜスマホ修理を生業としたのか、レディオとの出会いまでを伺いました!

【100名以上の修理スタッフを育成したプロ】

interview_haruki_2

よろしくお願いします!
まず、晴輝さんの会社、あいりぺについてどんなことを行なっているのか教えていただけますか?

簡単に言うと、アイフォンの出張修理サービスを行なっている会社です。まさにUber Eatsのような形で、アイフォンの修理ができる方をうちで育成し、全国のユーザーとマッチングができるような仕組みです。

今までに修理スタッフを100名以上も育成されたと言うことで、まさに修理のプロですね。
サービスを利用する方はどんな方が多いのでしょうか?

ターゲットは経営者など、仕事が忙しい30歳以上の方です。
料金も高めではあるのですが、隙間時間に修理が完了できるのがメリットとなります。
カフェなどの飲食店に呼んでいただいて、お食事をしている間にサービスを利用される方が多いですね。

そもそも、晴輝さんがこのアイフォン修理を始めたきっかけはなんだったんでしょうか?

幼少期からの話となるのですが、小学校上がる頃からとにかく機械いじりが大好きだったんです。
親に買ってもらったおもちゃはまず分解するところから始めてましたね。

ご両親はさぞお怒りだったでしょうね(笑)

ですね(笑)
そんな特技があったので、2010年に友人から「アイフォンの画面修理してくれないか」と頼まれて。
やったことなかったのですが、面白そうだなと思って中国から部品を取り寄せてディスプレイの交換をしてみたんです。
そこから「あいつアイフォンの修理ができるらしい」と言う噂が知人の中で広まって、趣味から始まったことがいつの間にか仕事になっていったんですよね。
その時前職の会社で人事部として働いていたのですが、じゃあアイフォン修理のサービスを立ち上げてみようと思ったのがきっかけでした。

【好きな事を仕事にすると不幸になるのではと思っていた】

interview_haruki_3

昔から好きなことが仕事になるってすごく素敵なことですね。
高校卒業してから飲食の道に進んだとのことですが、最初から機械修理を生業にしようとは思わなかったのですか?

それが、思わなかったです。
昔から独立精神はあったのですが、好きなことを仕事にすると不幸になるんじゃないかという固定概念があって。
でも実際にやってみて、自分の得意なことで食べていけるのは本当に幸せなことだと気付きました。

最初にアイフォン修理を晴輝さんに依頼した友人の方に大感謝です!!
そんなご経験がある晴輝さんがレディオにジョインされたきっかけはなんだったんでしょうか?

田端さんの紹介がきっかけでした。
あいりぺを一緒にやっていた取締が田端大学に入っていたのですが、そこを通じて雄吾さんを紹介いただきました。
レディオがtoC向けサービス開始に向けて修理のトップを探しているというタイミングで。
そこで初めて出会って、ジョインしたのが2020年8月でした。

田端コミュニティでの繋がりだったんですね!
では、晴輝さんからみた、“板垣雄吾”のイメージを教えていただけますか?

もともと顔と名前は知っていて、聞いて見た通りだなと思います。
裏も表もなく、厳しくも優しくも、ストレート。
仕事も人生もマックスに遊んでいる方で、経営者としてもとても尊敬しています。

そんな雄吾さんと一緒に、レディオでこんなことがしたい、というものはありますか?

すでに実現できているかと思うのですが、スマホを扱う会社の中で最もイノベーティブな存在であり続けたいです。
スマホ修理だけでなく、誰もが思いつかない事にチャレンジし続けられるような会社であれたらいいなと思います。

interview_haruki_4

そういえば、最近スマホ修理以外に目覚めたものがあるとお伺いしたのですが・・・

そうなんです、レザークラフトに目覚めてしまって!(笑)
「Road to Hermes」と称して世界最高峰の皮職人を目指しているんです。
もともと革製品が好きだったのですが、自分が欲しい機能とかデザインを兼ね備えたものがあまり世の中に無くて。
であれば自分が極めて作ってしまった方が早いなと気づいたんです。

世の中になければ自分が作ってしまえばいい、私も言ってみたいです。

本来は一人で黙々と作業するのが好きなんですよね。
今商品化に向けて進めているところです!

これからも好きな事をどんどん形にしていってください!
晴輝さんの作るレザークラフトも楽しみにしています!
今後ともよろしくお願いします!

好きな事を仕事にするを実現されている晴輝さん。
根底は“職人気質”でありますが、世の中の需要に合わせたものづくりをしていくというバランス感覚も持った方なのだと感じました。

みなさんの「第二の脳ミソ」であるスマホ。
何かトラブルが起こってしまったらすぐに私たちにご相談ください!

  • SHARE
  • tweet
  • facebook
  • line
この記事を書いた人

radiobook

YUGO率いる、やりたくないことを楽しいにかえる企業

書いた記事を読む

ページトップ