英語サイト

  1. TOP
  2. 会社概要
  3. 代表挨拶
代表アイコン 代表アイコン

代表挨拶

「やりたくないことは、
やらなくていい世界をつくる」
それがRADIOBOOKのビジョンであり、
ミッションです。

代表写真 代表写真

RADIOBOOK株式会社
YUGO

「やりたくないことはやらなくていい」(通称「やりやら」) これは僕の著書のタイトルであり、僕の信念です。

僕の場合、書類の作成は苦手で「やりたくないこと」。だから、得意な人にお任せしています。
逆にブランドを作ったり、経営戦略を考えることは大得意で「やりたいこと」。
誰かのお手伝いをすることもあります。こんな風に誰かが苦手なことは、誰かが好きなことだから、これを交換し合えたらみんなが幸せになれるんじゃないか。そんなことを大真面目に考えています。

「世界中のやりたくないことをなくす」。

これが弊社の企業理念です。

この理念に基づき、さまざまな事業を展開しています。
・モバイルSOS(スマートオンデマンドサービス)
・ハイクラス向けモバイル端末のコンシェルジュサービス
・ブランディングサービス
・コミュニティサービス
・パフェバー
・格闘技事業

中でも2020年からフェラーリとのパートナーシップ契約が結ばれ、Radiobookのロゴが入ったスーパーカーがF1サーキットを走るようになりました。
このように、Radiobookはさまざまな事業を通じて、、世界最大規模の「やりやら」を実現させていきたいと思っています。
僕のこのメッセージにピンときた方、オンラインサロンである「やらやらタウン」でRadiobookのさまざまな事業のプロセスを全体に公開しています。ぼくをはじめとする中心メンバーによる事業相談も受け付けているので、ぜひ覗いてみてください。フェラーリのような素敵な企業様との事業提携のご相談も、随時受け付けております。

やりやらの一員として、ぜひワクワクすることを一緒に仕掛けていきましょう。

みなさんに会えることを心から楽しみにしています。

PROFILE

代表写真 代表写真

YUGO

RADIOBOOK株式会社 代表取締役/CEO。
1980年2月21日生まれ。2児の父。

大東文化大学在学中に、バンドのメンバー(Vo.)としてインディーズデビュー。
メンバーの脱退により解散となったその後、田村潔司氏の主宰するジム「U-FILE CAMP」へ入会し、プロ総合格闘家として有明コロシアムでデビュー。何戦か重ねたのちプロ格闘家としては一線を退き、個人事業主としてECサイト運営を開始する。「膣トレ」グッズや「ユーグレナ」を世の中で話題になる前に仕入れ、大々的に売り出し、ブームの火付け役となる。

2013年、「iPhone修理のRADIOBOOK」を立ち上げる。14年、日本で初めてTSUTAYAにiPhone修理サービスを導入、その後RADIOBOOK株式会社として法人化。売上げは順調に上がったものの、人件費の高騰により5000万円の赤字を抱えてしまうが、15年、iPhone修理ブランド「i+Remaker (アイリメーカー)」としてリ・ブランディング。 これが好評を得て、単独店舗で年商2億を達成。フランチャイズ加盟店は日本全国にエリアを拡大した。さらに19年3月8日に総務省の「登録修理業者」として総務大臣から登録を受けた。

19年3月には、ビジネス人生論『やりたくないことはやらなくていい』(幻冬舎刊、1300円+税)が発売。処女作としては異例の「初版1万部」スタートとなる。
同年4月にはオンラインコミュニティ事業を開始。「i+Remakerサロン」としてスタートするも、9月にはサブスクリプションとコミュニティを掛け合わせた「やりやらタウン」としてリニューアル。

20年3月には、主に廃材を使ったリユースビジネスを共に展開すべくF1レーシングチームのスクーデリア・フェラーリとの公式パートナーシップ契約を締結。日本企業と提携を結ぶのは実に13年ぶりとなる。

20年7月には、完全会員制・住所非公開のパフェバー「Remake easy」オープンに向けてクラウドファンディングを実施。SNSで話題を呼び、わずか1ヶ月で目標金額50万円をはるかに超える800万円以上もの支援を獲得。

強烈な巻き込み力と愛に溢れる言動で周りの人々を魅了し続ける、いま、スマホ売買業界で最も注目される起業家である。

【メディア情報】
・月刊SPA! 20年6月〜 記事連載
・ニッポン放送 「やりやラジオ」 20年11月〜 日曜25時レギュラー

ページトップ