RADIOBOOK

  1. TOP
  2. やりやらプレス
  3. RADIOBOOK
  4. レディオブックの頼もしすぎるメンバーを紹介! / みきしぃ
  1. 執筆者:RADIOBOOK
  • SHARE
  • tweet
  • facebook
  • line

レディオブックの頼もしすぎるメンバーを紹介! / みきしぃ

今回はレディオの唯一の正社員として経理 / 総務 / 法務を担当されている、みきしぃさんの秘密に迫ります!

Twitter: https://twitter.com/Qpr_7
Note: https://note.com/mikisy

実は彼女のこの笑顔の裏にはたくさんのコンプレックスを乗り越えてきた過去があります。

実は幼少期は容姿にひどいコンプレックスを抱いていて、当時は自殺を考えてしまうほど。
高校を卒業後翌日に初めての整形をし、今まで総計400万円を整形に費やし少しづつ「普通の女の子」としての生活を得たと語っています。
そんな経験を生かして世の中の悩める女性を救いたいという思いで「株式会社ポルペカ」も立ち上げています。

今日はそんな彼女の今までの苦悩と、レディオにかける思いを語ってもらいました。

【誰かに必要とされる事が嬉しかった】

interview_mikisy_2

よろしくお願いします!
早速ではありますが、みきしぃさんとレディオの出会いについて教えていただけますか?

23歳で上京した後、兄の繋がりで雄吾さんを紹介いただき、最初は正社員ではなくバイトとして入りました。
当時は「何が適正かわからないし、何か出来る事あるんだったらやってみたら?」程度で実は他の会社に紹介される前提だったんですよね。
出会ったばかりでお互いの事が分からないし、他の会社に紹介するにしても何のスキルがあるかもわからない段階だったから、まずは適正を判断するためにお試し期間という感じですね。

そうなんですね!そんなお試しで入って今やレディオを支える人物になるとは・・・。

でも、入った当初は本当に大変でした。
雄吾さんからは全く期待されていない状態からのスタートでしたし、当時私はめちゃくちゃ暗いオーラを纏っていたので周りからも”あの子暗いけど大丈夫?”と心配されていたほどでした。

それでも、何もできなかった私を雄吾さんは見放さず何度も叱ってくれたんです。
こんなにも私に向き合ってくれる人は他にいないと思って
信頼と信用を得るために食らいついていくのに必死の日々でしたね。

新しい環境で右も左も分からない業務に追われ、相当大変な日々を過ごしたんじゃないでしょうか?
こんなの辞めてやる!!とか、一瞬でも思ったことはないですか?

interview_mikisy_3

悔しくていつも泣いていましたが、辞めたいと思ったことは一度も無いです。
私はなんのスキルもないし、高卒だし、ニートしていた時期もあったし、コンプレックスの塊だったしで、雄吾さん以外誰も採用してくれないと思っていたので。
上京する前に市役所で働いていたことがあるのですが、その時は予算消化のために雇われていて、一日何もやることが無い日々を過ごしていたんです。仕事を何ももらえなくて、ついにはゴミ漁りとかして(笑)

その時に誰にも必要とされない悲しさと屈辱を味わいました。
でも雄吾さんはそんな私を信頼してくれて、入社してからすぐ大きな仕事も任せてくれた。
ただただ必要とされていたことが嬉しかったんです。

やっと自分の居場所を見つけることができたんですね。

そうですね。今思うと不思議なのですが、レディオに入った当日「あ、私一生ここにいるな」と感じたんです。
入社2日後に雄吾さんから『2日間やってみて、どう?続けていくとか、辞めたいとか、そういうのはある?』」って聞かれた時に「断る理由がないです。まだ未熟だし、何もできないけど、ここで一生やっていきたいです。宜しくお願いします。」と即答しました。

当時から今も会社に対する愛情は誰よりもあると胸を張って言えますし、雄吾さんのためなら命をかけてもいいと思っているんです。

レディオに対する覚悟がハンパないですね。
おそらく今レディオにいるメンバーの中で一番雄吾さんのことを理解されていると思いますが、そんなみきしぃさんからみた板垣雄吾はこんな人というイメージを教えて下さい!

私からしたら、とにかく「メンタルが鬼強い人」だと思います。
今まで会社がピンチな時もたくさん共にしてきましたが、
絶対にそれを表に出したことはないんですよ。
それは私の前だからなのかもしれないですけど、そんな姿を見ていると「この人についていけばなんとかなりそう」って不思議と思うんです。

それはすごく分かります!
雄吾さんのメンタルトレーニングとか売れそうですもんね、ライザップ的な。

どんな状況でも、やりたいことを一度決めたら意地でもやり通すので、やっぱりどこを切り取っても経営者向きだなあって思います。

裏を返せばかなり頑固なタイプだと思うんですが、逆に「ここは直して欲しい」みたいなところはありますか?

そうです、かなり頑固です(小声)
外に出る時、絶対に荷物持たないとか(笑)

確かに、いつでも身軽!そして軽装!

でも他人が何か言っても、絶対に曲げないので、もう私は何も言わないことにしました(笑)

今までの酸いも甘いも共に経験されたみきしぃさんですがこれからのレディオに期待する事って何ですか?

interview_mikisy_4

雄吾さんに任せていれば勝手にでかくなっていくので、これからものびのびとやっていただければと思います。
それを私が側でサポート出来ればいいなと。
正直、私が期待したり、想像している範囲を軽々と超えてくるので、
そんな変化に私も怯えず、一緒にこの会社を大きくできたらと思っています。

【見た目で悩む人の希望になりたい】

そんなレディオで叩き上げされてきたみきしぃさんですが、ついにご自身の会社「ポルペカ」を立ち上げましたね。
上京前の“バリキャリ”への夢が1つ形になったんではないでしょうか?

そうですね、とりあえず一歩近づいたと思っています。
自分の整形の経験談を発信したところ、世界中の人からリアクションがあったんですよね。
見た目で苦しんでいたり、将来に希望が持てない人って本当にたくさんいるんだなあと感じているので、そんな人たちを救ってあげられるような活動をしていきたいです。

ちなみに、私以前糸リフトをうん十万でほぼ騙されてやったことがあるんですが、、、、整形の医師選びで大事にすべきところを教えてもらえますか?

まずは病院単位で選ぶのではなく、必ず担当してくれる医師単位で選ぶことが大切だと思います。
2ちゃんとか口コミサイトにも情報ってたくさんありますしね。
失敗事例とか、先生の名前で書かれているので、まずはマイナスの情報を集めるようにしています。成功例はどこにでも転がっているし、正直ビフォーアフターなんてフォトショでなんとかできてしまうし。
あとは、美容外科学会の中でも実力を持った認定医というのがいらっしゃるので、それを参考にするのもいいかもしれませんね。
とにかく病院や医師に言われたことを信じるのではなく、自分の体なので、自分が納得できるまで情報を集めてください!

なるほど・・・。
おそらくまだまだ整形未発達な日本なので、情報がなく困っている人たちがたくさんいると思います。人生が変わるほどのことなのに、それっておかしいですよね。

interview_mikisy_5

そうだと思います。私が正しい情報を発信していくことでまず整形に対する偏見も無くしていきたいし、正しく病院選びもできるような世の中になればいいなと思っています。

ぜひ、これからのご活躍を楽しみにしています!
今後とも、レディオの超強力なサポートをお願いいたします!

ありがとうございました!
26歳、戦う女のインタビューでした。
強いコンプレックスから立ち上がり、レディオで凄まじい経験をしつつ、今や自分の武器を見つけて起業。
どんな言葉にも重みがあり、肝が座っていて
まるで人生を二回目を過ごしているようです。

10年後はビジネス界では誰もが彼女の名前を知っているような
キャリアウーマンになりたいと語るみきしぃさん。

そんな目標に向けて一歩一歩踏み出し中の彼女の
これからの活躍にも期待です!

  • SHARE
  • tweet
  • facebook
  • line
この記事を書いた人

radiobook

YUGO率いる、やりたくないことを楽しいにかえる企業

書いた記事を読む

ページトップ